キャッシングやローンで滞納した場合の影響について

forty growing > > キャッシングやローンで滞納した場合の影響について

キャッシングやローンで滞納した場合の影響について

キャッシングなどで返済を滞納してしまった場合、その後どのような問題が発生するでしょうか。

まず考えられるのは、遅延損害金を支払わなければならなくなるということです。
これはどういうことかと言いますと、期限日に返済しなかったということは、その後遅延扱いとなり、返済する予定だった金額にかかっていた利息よりも高い利息を支払う必要性が生じるということです。

なお一般的にこの利率はかなり高くなるため、その分経済的負担が増えることになります。
さらにもう1つの問題は、信用情報に悪影響を及ぼすという点です。特に3ヶ月以上滞納すると「個人信用情報機関」という情報共有機関に事故扱いとして登録されます。
この状態になると新規の借り入れは他社も含めてほぼ絶望的になります。
キャッシングやカードローンはもちろんのこと、新規でクレジットカードも作れませんし、住宅ローンも組めません。なおこの事故情報は完済後であっても5年間は残ります。

気になるクレジットカード現金CG186についてはこちらで書いています。



関連記事

  1. 話題になっているホットヨガ
  2. 痩身をしたらカラダのバランスが悪くなった
  3. パソコン疲れ
  4. 時間を跳躍したと錯覚するとき
  5. 夜更かし癖ができてしまいました
  6. 安倍晋三首相が生出演 日米韓・安保・景気7
  7. キャッシングやローンで滞納した場合の影響について
  8. フラッシュモブ結婚式に協力
  9. 手作り感あふれる結婚式
  10. ネットショッピングで楽ちん
  11. サビ
  12. バスに頼らなくなり通勤に余裕が出来た!
  13. デートの度に外食  
  14. 二の腕が気になるお年頃
  15. 恋愛して変わった自分に気づく時
  16. 子供の勉強には付き合ってあげることが大事です
  17. ハウスクリーニング業者を大阪で選ぶ基準
  18. ホットヨガ気持ちいい
  19. 結婚式までに-5キロ
  20. 授業中にできるエクササイズ
  21. この夏はとても暑かった
  22. 耳かきについて
  23. 養育費が欲しくてキャッシングを利用した木原(仮名)さんの体験談